ワンストップサービス③|法人設立ワンストップサービスは「民間企業の新陳代謝」「ベンチャーの加速」が狙い

法人設立ワンストップサービスとは、これまで必要な手続きの数が多く、長い日数がかかっていた法人設立手続きを、オンラインで一括して行えるようにするサービスです。ここでは、これまでの法人設立手続きの実情と、法人設立ワンストップサービスの狙いや今後に向けた課題などを紹介します。

続きを読む

ワンストップサービス②|死亡・相続手続きの実態把握から「おくやみ手続支援窓口」展開までの“デザイン”を検証

ワンストップサービス②|死亡・相続手続きの実態把握から「おくやみ手続支援窓口」展開までの“デザイン”を検証

「おくやみコーナー」「おくやみ窓口」「おくやみ手続支援サービス」と、いろいろな自治体の窓口名がありますが、いずれも死亡・相続という不慣れなライフイベントで必要な手続きに伴う遺族の負担を軽減するために生まれた手続きのワンストップサービスです。「サービスデザイン」の視点で検証します。

続きを読む

ワンストップサービス①|「引越しサービス」を構築した“デザイン思考”を検証

ワンストップサービス①|「引越しサービス」を構築した“デザイン思考”を検証

引越しに伴う膨大な手続きを一度にまとめて行えるようにするのが、引越しワンストップサービスです。引越しに関わるすべての人や企業にとって使いやすいものとするためには「サービスデザイン思考」に基づく取り組みが不可欠です。今回のサービス構築にあたって、サービスデザイン思考がどのように機能したのか検証します。

続きを読む

デジタル手続法|行政サービスのデジタル化を一気に加速させる法律

デジタル手続法|行政サービスのデジタル化を一気に加速させる法律

デジタル手続法は、行政サービスをデジタルで完結させるために制定されました。ここでは、この法律の施行までの経緯やその背景、デジタル手続法の基本原則、デジタル化推進の個別施策、そしてデジタル手続法への期待と懸念点について解説していきます。

続きを読む

サービスデザイン|日本は後進国!? 行政サービスに「サービスデザイン」を取り入れるポイント

サービスデザイン|日本は後進国!? 行政サービスに「サービスデザイン」を取り入れるポイント

市場にモノがあふれてモノそのものによる差別化が困難になるにつれ、モノからコト(顧客体験)へという考え方が主流になってきました。そしてよりよい顧客体験を創出するために、モノとコトとを統合したサービスをデザインすることが求められています。ここでは「サービスデザイン」のアプローチを行政サービスに取り入れるポイントについて紹介します。

続きを読む

シビックテック(CivicTech)|テクノロジーを活用して市民主導で解決

シビックテック(CivicTech)|テクノロジーを活用して市民主導で解決

市民自らがテクノロジーを活用して、生活上の悩みや課題を解決するのが「シビックテック(Civic Tech)」です。ここでは、発祥の地であるアメリカでどのように「シビックテック」の活動が活発化したかを振り返り、いよいよ根付きはじめた「日本におけるシビックテック」活動を紹介します。

続きを読む

アクセシビリティ|みんなが使える「行政DX」のために不可欠な考え方

アクセシビリティ|みんなが使える「行政DX」のために不可欠な考え方

「アクセシビリティ」はアクセスのしやすさを意味しますが、とくにウェブコンテンツなどの利用のしやすさを「ウェブアクセシビリティ」と呼びます。ここでは、ウェブサイトの品質を確保するためのガイドラインについて、「アクセシビリティ」と「ユーザビリティ」の違い、「ウェブアクシビリティ」を確保することの行政上のメリットなどについて解説します。

続きを読む

デジタル庁|鳴り物入りで創設されたデジタル庁の役割は?

デジタル庁①|鳴り物入りで創設されたデジタル庁の役割は?

2021年9月1日、デジタル庁が発足しました。デジタル社会形成の司令塔として、未来志向のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進し、デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵成に作り上げることを目標とするといいます。ここでは、デジタル庁発足の背景、デジタル庁の役割について解説します。

続きを読む